綾部海のオリジナルテキストサイト「Andante」の更新情報や管理人のつれづれなる日々、本編の番外編などをお送りします。
2005年03月10日 (木) | 編集 |
ダーリンの頭ン中 ダーリンの頭ン中
小栗 左多里、トニー・ラズロ 他 (2005/03/04)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


"「ダーリンは外国人」の姉妹本"と銘打ってありますが、「ダーリン~」がさおりさんとトニーさんの日常生活中心ならば、こちらは"語学"中心(!!)。「ネイティブは"the"を必ずしも母音(a,e,i,o,u)の前で"ジ"と発音する訳ではないらしい」とか「どうやら"v"を発音する時はくちびるを噛まなくてもいいようだ」ということから「日本語の"ん"は実はいろんな発音の仕方がある(そして、日本人はそれを無意識のうちにやっている!!)」など、英語のみならず日本語の不思議もたくさん登場します。こう書くと「なんだか堅苦しくて読みにくいかも...」と思われてしまうかもしれませんが、本編はさおりさんのマンガとトニーさんのコラム(やわらかめ)という構成なのでわかりやすく、おふたりのやりとりもとても楽しいです(^^) "日常生活に役立つ知識満載!!"(!?)ですのでぜひぜひ読んでみてください♪

小栗左多里先生の公式サイト

2004年09月28日 (火) | 編集 |
英語を食べる不思議な生き物Marsh(マーシュ) 英語を食べる不思議な生き物Marsh(マーシュ)
あさい こうじ (2004/03/12)
きこ書房

この商品の詳細を見る


"あなたにお願いします。マーシュの記憶を取り戻してください。" この本のオビに書かれていたこの言葉に綾部、思わず手に取ってしまいました(^^) こちらは本とCD-ROMの二部構成になっていて、前編は主人公・マヤと"不思議な生き物"マーシュとの出会いの物語、後編は用意された言葉を組み合わせていろいろな文章を作ってマーシュの記憶を呼び戻すゲーム(のようなもの)となっています。マーシュは英語しか理解できない白い物体(!?)(マシュマロやおもちのような)で、後編ではゲームの進行にしたがって形がちょっとずつ変わっていきます。本にもゲームにも日本語訳が用意されているので英語に自信のない方でも楽しめると思いますし、中・上級者はあえて"英語のみ"でトライしてみては?マーシュの9つの記憶を取り戻すと見られるエンディングはストーリーもイラストもとっても素敵です(*^^*) マーシュのかわいらしさに癒されながら英語も勉強できるなんて"一石二鳥"では?(笑)

英語を食べる不思議な生き物Marshの公式サイト

2004年08月10日 (火) | 編集 |
英語と仲直りできる本―ネイティブ講師が教える英語上手の秘訣 英語と仲直りできる本―ネイティブ講師が教える英語上手の秘訣
デビッド・バーカー (2003/04/04)
アルク

この商品の詳細を見る


「英語ができない私をせめないで!!」で紹介されていた本のひとつで、日本人にはわかりにくい英語の時制、使い分けが紛らわしい英語表現などがわかりやすく説明されています。もう何年も英語を勉強し、一応、仕事で英語を使っている綾部でも「そうだったのか(ノ゜⊿゜)ノ!!」と"目からうろこ"の連続でした。初心者にも上級者にも役立つ内容満載なので学生さんも(もちろんそうでない人も)ぜひどうぞ♪ (綾部は何度も読んでまるごと自分のものにしようともくろんでおります(^^))
2004年08月10日 (火) | 編集 |
英語ができない私をせめないで!―I want to speak English! 英語ができない私をせめないで!―I want to speak English!
小栗 左多里 (2006/04)
大和書房

この商品の詳細を見る


さおりさんはダーリンは外国人だけど(「ダーリンは外国人」参照)、実は英語が話せない!? そんなさおりさんが体験したいろいろな英語学習法を紹介している本です。(方法のひとつにトニーさんがあげられているのがおもしろいです(^^))綾部は特に"本"と"ネット"のコーナーが参考になりました。(無料(登録料なし)で英語の勉強ができるいろいろなサイトがあるとは知りませんでした!!) 「英語を勉強したいけれどどうやって始めたらいいかわからない」というあなた、のぞいてみてはいかがですか?(ただし「この本を読めば英語ができるようになる!!」という訳ではないので注意!!)

小栗左多里先生の公式サイト

2004年07月06日 (火) | 編集 |
ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本 ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本
たかしまてつを、向山 淳子 他 (2001/11)
幻冬舎

この商品の詳細を見る


独自の"英文の読み方"をかわいいイラスト入りで解説している本です。一応長年英語を勉強している綾部でもそのわかりやすさには"目からうろこ"でした!!(>_<) あくまでも"読む"ことに重点を置いていて、学生さんにも洋書にトライしてみたい大人の方にもぴったりです。と言いながら、実は綾部、表紙のデブネコさんにひとめぼれして購入したのでした(笑) "実践編"としてこのデブネコとパイ職人のエドのお話も載っているのですがふたり(!?)のやりとりがとっても楽しいです(^^)

BIG FAT CATの公式サイト